葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

髪が長く美しいモデル・素肌美人のポートレイト写真

  

脱ぐ人の心理 Picasa編集処理・着物素肌美人

 脱ぐ人の心理を探ってみましょう。 ヌードを見せたい、見られたいと思う・・もっと、深層心理に迫れば、自分の恥ずかしい姿をひと目に晒したいという意識は、程度の差こそあれ、女性だけでなく多くの人が共有してると思われる。 っで、ここで(アホな男性が)勘違いしやすいのは、見せたいと思うから脱いでいるなら、見たいと思う自分がじっと見てやればよい・・・と短絡的に考えてしまうことです・・・こういう場合のカメラは、ヌードを見たいための都合の良い言い訳的手段に過ぎません。 脱ぐ女性の十人に一人くらいはそういう女性がいて、そういうカメラマンが ”お似合い” とも言えますが。 ところが、純粋に(必ずしも純粋でなくても良いが)自分のヌードを撮りたい(写真にしたい)と考えるなら、その美しさを(もしくは、醜さを)カメラにデータとしてしっかり収めなくてはなりませんから、腕の良いカメラマンであることは当然至極のことなのです・・・厭らしいだけではダメなのです。 そして、カメラマンだけでなくモデルにも表現者としてのセンスが問われることになります。 ただひたすらに猥褻さを追求するだけでも良いと思いますが、ちょっとでもアート作品にしようとする気持ちがあるなら、カメラマンだけでなくモデルにも媚びる「自分を安売りするような」スタンスはとらないことです。 「可愛いでしょ」とか「エッチでしょ」的な感覚でアングルに向かわないことですし、アングルを向けないことですね。 そういう媚びた写真・画像はいくらでもありますが、アート作品と言えるような趣のある画像は少ないものです。 アート作品と言えるものにするのか、性的好奇心を煽るばかしのつまらない写真にしてしまうかは、脱ぐ人の心理にはもちろん、撮る人の心理や哲学や美意識にまで微妙にリンクし合っているのです。

 

Picasa 反転処理した美意識が問われるヌード写真

 この画像の美しさには少なからず自信があります。 美意識が問われるヌードであれば、このまま応えられそうです。 作品撮り

 

「顔にかぶる髪」ポートレイト画像 「虐げられたポーズ」ポートレイト画像 「年齢不詳」ポートレイト画像 「吠える」ポートレイト画像 「モデルのお気に入りポーズ」ポートレイト画像

  

「素肌美人で可愛い、ぽっちゃり顔」ポートレイト画像 「怖い写真」ポートレイト画像 「肩の刺青」ポートレイト画像 「下駄」ポートレイト画像 「スタイリッシュなポーズ」ポートレイト画像

  

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com