葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

甘えた素振りを見せるポーズ・素肌美人のポートレイト写真

  

女性ヌードを撮りたいなら Picasa編集処理・着物素肌美人

 男性カメラマンの多くは女性ヌードを撮りたがりますが、コスチュームであれ、この写真のようなセミヌード的な写真であれ、先ずは、撮影すること自体に専念すべきなのです。 多くのモデルは、撮影が進行していく段階でカメラマンの人間性と芸術性のレベルを感づいてますから、(モデルさんの多くは)その時の撮影状況に応じて(脱いでよいのか、脱いじゃまずいのかを)決めてるようです。 ちょっと考えてみれば分かることですが・・・カメラマンの人格的問題をクリアできて、腕も良くて、キレイに撮ってもらえて、撮影後の写真が流失しないという安全性があれば、ほとんどの女性は美しい自分のヌードを撮りたいと考えてます。 また、自分のヌードに自信がないと考える人がいることも確かですが、脱ぐ人にとっては ”自信があるから脱いでいるのではないこと” をしっかり説明し、納得してもらうことも必要になります。 カメラマンと自分だけの世界で見れることであって、公開しない写真であればそのヌードな自分の姿には自信など必要ないことですからね・・記念写真としてのヌード

 

記念写真としてのヌード写真

 

もう一歩踏み込んで言えば、セルフヌードを撮ってみたいと考える女性は多く、セルフじゃうまく撮れないし、カメラマンじゃないと当然ながら上手には撮れませんから、(若いうちに、ある程度、コスチューム、ランジェリーなどにジュエリーなども添えることも考慮しながら))安心できるセルフヌードを撮れる手段を探してるとこ言えるわけです。 結果から言えば、ヌード撮影にこだわらないことなのですが、いろいろな意味で安全が確保できることであれば、コスチュームだけの撮影ということであっても、終わってみればヌード撮影にもなっていたということになります・・また、無理にヌードを勧めるからおかしな雰囲気なりますし、(素人であれプロであれ、モデルにとっては)怖い状況にも感じるわけです。 アマチュアの方で、女性ヌードを撮りたい・・と考えるなら、それに相応しい状況と人格が備わっているかを自問してみてください。

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com