葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

官能的な写真・素肌美人のポートレイト写真

  

官能的な写真 Picasa編集処理・着物素肌美人

 着物を一枚羽織っているだけですから、それ自体でも十分官能的なことですが、モデルの表情の創り方を見ていただきたい。 単なる演技とか、演出でできるレベルの表情ではありません。 モデルの才能というか、撮影時のステージの設定なのか、カメラマンの雰囲気作りによるところなのか・・・官能的な写真が撮れたことは確かなことなのですから・・・裸のコミュニケーション

 

色を反転しているために肌の白さが黒く見えるポートレイト写真

 外人モデルのように見えますが、色を反転しているために肌の白さが黒く見えてます。 

撮影時のカメラマンとモデルの関係とは面白いもので・・・背景にはBGMを流しながら、カメラのシャッター音でリズムを取りながら、カメラのプレビュー画面で撮れていく写真を確認しながら撮影は進んでいきます。 他のカメラマンがどのような撮影状況を作って撮っているのかは分かりませんが、私の場合は、私語はほとんどなく、モデルを褒めるような(よくあるカメラマンとモデルの)在り方はしてません。 ポートレイトを撮ることの基本はカメラマンのしゃべりにあると言った人がいましたが、それは人物を撮ることの本来の意味を勘違いしている人の言うことなのですね。 確かに無言で変な雰囲気で進行することであれば、撮影でなくとも不都合なことですが、カメラマンにとってもモデルにとっても(私の場合は)普段の自分じゃない自分で在りたいと思うし、当たり前の自分じゃ当たり前の写真しか撮れないこともあり、良い意味でもテンションを上げていかなくてはなりませんから、単に寛いでいるだけでは退屈な写真にしかならないわけですね。 少なくとも、寛いだ状態ではこのようなPicasa アートで官能的な写真にはなりません。 良い意味での緊張感がなければ・・・モデルにもカメラマンにも。Picasa モデルと制作者の関係

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com