葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

瞬間の顔・素肌美人のポートレイト写真

  

撮影モードに入る Picasa編集処理・着物素肌美人

 動きの流れの中で撮っていけば、顔の表情も普段と同様な(作った顔ではなく)さり気ない顔が見えてくる。 私に撮影では、固めたポーズや表情は好まないので、このような連続する中のワンカットを写真として採用している。 ここまでアップで撮れば、肌の質感などもそのまま撮れてしまうのでモデルさんも肌にはかなり気遣っているものと思う。 因みにこのフォトでは、肌がきれいに見えるような編集加工は一切していない・・・素肌美人だから、その必要がない。 

 

Picasa 反転処理したポートレイト写真

 Picasa 色を反転 処理してしまうと、原画の状況が分かりません。 人物ではあるのですが・・・Picasaで編集処理するとPicasa アート的な美しい画像に七ってますね。

モデルにとってもカメラマンにとっても、撮影モードに入らないことには撮影にならないと感じることがある。 簡単いいえば、普段の自分ではなく、別人にならないとシャッターは切れないということ・・・日常的な感覚ではなく、アート的な、時として尖った感覚にならないことにはできないことはある。 アート感覚のスイッチが入るかどうかが、撮影が上手くいくかいかないかの分かれ目となる。 カメラマンの腕とは、カメラ操作やアート性だけではなく、モデルをいかにしてモデルモードに持っていくかにかかっていると言える。 喋りで雰囲気を和ませるという方法はあるのだろうが、私に関しては、ほとんど喋らない。 他のページ書いているように、喋れば和むが、緊張感のある雰囲気にはなりにくいからなのだ・・・結果として、大していい写真は撮れないと思っている・・・何よりも、撮影モードに入ることが大切なのです。 日常と非日常常識と非常識を参照してください。

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com