葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

Picasaで編集処理前の写真     食材から考える日本の祝い・ヨコハマ・みなとみらい

  

食材から考える日本の祝い Picasa編集処理・街を散策

 コスモワールドから見る水辺の画像ですね。 食材から考える日本の祝い・・・先ずはエビと鯛を浮かべますが、その理由は色的なもので、赤や桜色であることから来ます。 それから、儀礼の日の食材として重宝されているのが「豆」なのですね。 ねればあんことなり、赤飯としては目出度い席のだ表的な料理とも言えます。 一部では、江戸時代以前から、幸せを広める反映の象徴としての「昆布」の存在は忘れてはなりません。 昆布はおせちにも付き物で、干した状態であれば日持ちすることであり、水を通せば伸びることもあり、縁起も良く、便利な食材として重宝させれていることは現代でも変わりません。

                         <スポンサーリンク>

 

 水のある景色というのは、海であれ川であれ湖であれ、絵になり写真になります。 緑があること、女性がいること、街があることですが、そこをすべて取り仕切っているのが、実は光なのですね。 この写真では、ネオンであったり、その光を跳ね返す海面であったりします。 こんな場面でも、単焦点レンズを使えば、明るくクリアに撮れたりします。 このフォトはコンパクトデジカメでしたから、これくらいで精一杯ですが・・・Picasa 画像処理はどこまで出来る?の欄にも書いてますが、元データがしっかりしてれば、どうにでもなるのが写真というものです。。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com