葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

いい感覚を捉えてアングルを選んだ写真・二子玉川

  

写真はセンスなのか? Picasa編集処理・街を散策

 どうということはない写真ですが、何となくいい感じがします。 このいい感じががするかしないか、感じるか感じないかがセンスの問題なのでしょうね。 写真というのは絵画を作成する「美意識」とはちょっと違って、「センス」なのですね。 すなわち、感覚なのです。 だから、絵を描くならいい感覚を作らなくてはならないのですが、写真はいい感覚を捉えてアングルを選べば良いことで、創るのではなくてセレクトすることなんです。 だから、創るのなら美意識であり、セレクトするならセンスなのです。 絵画はゼロから立ち上げることであり、写真はすでにあるものの中から選ぶ作業なのです。 絵ならば個性や才能の差も明らかになりますが、写真は誰にでもシャッターを押せば撮れてしまうので、その差が見えにくいというか、分かりにくいこともあって、カメラマンというのは、アマチュアとの差を付けにくいことから、その存在意義を証明するには非常に難しい職業でもあります。 美人が美しさを演出するのにどうするか?ということにおいては、センスの問題である・・・ことに似てますね、写真も。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 一連のPicasa LOMO風 処理Picasa HOLGA風 処理Picasa HDR風 処理などの組み合わせで編集処理してますが、どの処理もデフォルト値より、かなり少なめに加工してます。

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com