葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢    二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

民族的な装飾品・下北沢

  

民族的な装飾品 下北沢 Picasa編集処理・街の景色

 後で見ても、一体何を撮っているのか分からない写真が出てくる。 大抵は覚えているのだが、やっぱり思い出せない。 写真の方向はあっているようですね、字を見れば確認できます。 どうも、アクセサリーのショップらしい。 それも、民族的な装飾品がありそうだ。 ショップとはいえ、その日のメニューを黒板に書く居酒屋かレストランのようにも見えるから不思議だ。 何かを売っているのではなく、展示している感覚に近い、アートっぽく見せているところが楽しい。 ここは下北沢・駅の北東方向に位置する、下北でも最も洒落た店が多いところです。

 最近では、オート設定で撮ればほとんどの写真はうまく撮れてしまいます。 したがって、Picasa トリミング程度の編集処理をするだけで十分な写真になります。 報道写真や観察を目的とするような真実に出来る限り近づけてつたいえるための写真であれば、カメラの性能から、そのままで十分な写真になりますが、(ここのサイトのように)アート的に編集処理することが目的である場合は、Picasa モデル:mannequinのページに実例を挙げて解説しているように、感覚的に美しくすることが大切になります。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasa3.9で編集処理する前の原画をアート的な写真にしようと編集処理を重ねてます。 Picasa オートン風 処理wp使うのは、画質のザラザラ感をなくすためで、コントラストを上げるためにPicasa HDR風 処理を使います。 Picasa クロスプロセス 処理では、独特なニュアンスうを活かし、周辺部を暗くするためにPicasa 周辺減光 処理を用い、画面にまとまりを作ってます。 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com