葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

ニコンD3で撮る豪徳寺の写真

  

カメラ ニコンD3  豪徳寺 様々な編集処理

 この画像を見ると、カメラの精度が分かるかもしれない。 カメラがどうであれ、プリントアウトしない限りは大した違いはないと考える人も多い。 その前に、手ブレしているようにも見える。 焦点がどの距離にあっているのかも定かでない。 奥に映る人物に焦点が合っているようでもある。 カメラは ニコン D3 である。

 Picasaで簡単編集のページを参照してください・・・Picasa の使いにおける様々で簡単な使用を書いてます。 一般的にいえば、風景写真を撮ればトリミングなどは必要になります。 人物写真では、外で撮ればPicasa トリミングや傾き調整が必要であり、室内写真ではフラッシュをたけば傾き調整自動コントラストなどです。 室内写真では光源によっては、赤みがかった写真になることも多く、自動色調整をしてると良いですね。 レタッチの必要性のある画像も出てきます。 写真の中に文字を入れて見たい時はテキストの入れ方を調べてください。 撮った写真をウェブ上で共有したいならPicasa ウェブアルバムを参照し、プリントアウトしたいならネットショップを調べて見ることですね。 それから、Picasa ギフトCDの作成にする手もあります。 そして、ちょっとこだわりのある方なら、良く撮れた写真のデータ(カメラのセッティング)を見ることもできますから、この後の撮影の参考にされると良いと思います。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasa3.9で編集処理する前の原画ですが、何を撮っているのかよくわからない画像でしたが、Picasa HOLGA風 処理によって、また、Picasa LOMO風 処理によって、なんの写真であるかが分かるようになりました。 Picasa HDR風 処理をすることはとても多くなりますが、今流行りの編集処理なのでしょうか。

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com