葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

                      感性的な感覚も尖っている豪徳寺の写真

  

尖った感覚 豪徳寺 様々な編集処理

 寺の屋根も尖ってますが、感性的な感覚も尖ってますね。 そして、木の枝の曲がりくねり方も腺病質な感覚をイメージさせることと思います。 それでも、こういう写真が好きで、上手い下手ではなく、感覚が先行しているようです。

 Picasa ピカサ 写真編集のコツというもはありますが、それは、説明したり解説するような ”几帳面さ” で撮らないことだと思います。 普通の写真なら視覚的にはしょっちゅう見ていることで目が慣れていることでもあり、人はそいう写真を面白いとは想いません。 単にリアリティーがあることと、 自然を自然に撮ることとは違います。 ポートレイト撮影では、その日撮影に関して、そのコンセプトを前もって話し合っておく必要もあります。 いつも、カメラマン任せでは良い写真は撮れません。  知性とか 理性を感じさせる撮影にするためにも、モデルとカメラマンの感性の共通性の確認は必要なのですね。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasa3.9で編集処理する前の原画ですが、空の青が青すぎることを編集処理後に気づきました。 Picasa 周辺減光 処理をしすぎたというか、減光すると言っても、色や黒ばかりでなく、様々な色で減光(加光)できますから、試してみると良いですよ。

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com