>

葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

                       写真や絵という形のある作品にする・豪徳寺の写真

  

言葉にしてみる 豪徳寺 様々な編集処理

 何かを考えたときは、それを言葉にすることが大切です。 イメージを言葉に変換する行為において、人は頭の中が整理されていくものです。 私は、言葉にするだけでなく、写真や絵という形のある作品にすることによって、自分の感性や思考を再確認するようにしている。 何となくぼんやりでは思考は進まず、言葉や形のあるものに変えることによって(具現化することによって)思考がさらに前へ進むのではないかと考えます。

上の写真のように歳を重ねながら「枯れていこう」と考えている。 欲から開放されされるとまでは言わなくとも、俗世間の垢を落した精神に至りたいと考えている。 Picasaの編集処理では、枠線 処理をすることによって、洒落た展示になる。 また、 ドロップシャドウ 処理により、写真を画面からちょっと浮かしたように見せることもでき、見せ方としては面白い。 ミュージアムマット 処理というのが、もっともスタンダードな見せ方で、額に入れた写真を見せるような美しい展示方法がある。 額の幅や色など、様々な選択が可能で、制作者のセンスの見せ所でもある。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasaで編集処理したあロよりも、前の原画の方が写真に雰囲気がありますね。 ボンヤリした軟らかさあります。

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com