葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

センス良さを感じさせる豪徳寺の写真

  

上下関係で撮るのは、愚の骨頂 豪徳寺 様々な編集処理

 技術的な上下関係で撮るのは、愚の骨頂であると言える。 確かに、技術には上下は付けられる。 でも、個性には上下関係などありえない。 技術は努力すれば身に付くが、所詮、プロには敵わない。 だから、自分らしい写真を撮ればよい、個性やアート感覚で勝負すればよい。 この技術にこだわる人たちの多くはアート感覚に疎く、技術的なことなら(スキルアップするという意味では)誰にでもわかりやすいので、この技術の方へ意識が向く。 そして、努力し、上下関係の中に自分の位置を探す・・という、愚かな行為に走る。 Picasa アングルや構図をアートセンスと思ってる人はいそうだが、それらの殆どは技術的領域に属する。 アートセンスとは、哲学であったりPicasa 美意識に属する事柄であるから、感覚の世界であり、センスの問題なのである。

ポートレイトを撮るなら、哲学や美意識ではなく、素直に綺麗に可愛く・・素肌美人に撮ればよい・・と考えることです。 編集処理としては、Picasa クロスプロセス 処理Picasa HDR風 処理の組み合わせです。 普段なら、こういう写真はほとんど撮りません。 カメラとレンズの性能を試すために撮った写真です。 抜けのよいレンズであることがわかります。 背景のブルーのぼけ方も美しいですね。 模様的にも心地よい画像になってます。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasaで編集処理する前の原画ですが、これを良し!とする人も多いとは思いますが、私は上にある編集処理後の写真を好みますね。 

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com