葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

アングルや構図・豪徳寺の写真

  

マイノリティー  豪徳寺 様々な編集処理

 人はどう望もうが、所詮は少数派であり、マイノリティーだと考えることが当然だし、健全な考え方であると思っている。 私が撮った写真にしても、アングルや構図がなっていないとか、素肌美人のポートレイトを撮っても、背景のボケが見えてこないとか・・様々な不満や批判の中で見られていることが多い。 私は別に上手だと思われようとは思ってないし、上手に撮りたいとも思ってない。 ただ、自分の感覚で収めたいと考えていることで、それはまさしく他人様とは違っているに決まっているし、多くの方たちに同意を求めようとも思ってません。 所詮、一人の人間にできることはしれていることであり、少数派に属することは当然なことと思っている。 逆に、多くに人にうけるものがあるのだろうか?という素朴な疑問もある。 たとえ、AKBがメジャーとはいっても、全体から見ればほんの一部に人たちが騒いでいるに過ぎない。 写真のことだけでなく、あらゆることにおいてマイノリティーであって当然だし、いいものを提示しているのであれば、マイノリティーであって当たり前のことなのですね。 Picasa ソフト 処理をしてから、Picasa 周辺減光 処理すると、こういうニュアンスの写真になります。 ここでの編集処理の多くは、Picasa LOMO風 処理での印象を濃くする処理とか、古めかしさを表現する Picasa HOLGA風 処理であったりします。 最も多用しているのが、Picasa HDR風 処理で、簡単にいえば、写真の印象を濃くする編集処理であり、今流行りの編集の仕方のように思います。  Picasa シネマスコープ 処理をたくした写真も多くありますが、基本的にはおすすめできません・・・かなり画質が落ちるので、もったいない気がするのです。 個人的にはポートレイト写真などで最も使う処理がPicasa オートン風 処理です。 人物の肌を滑らかに美しく加工することができるとと、デジタル写真がアナログ的な雰囲気を醸すようになります。 

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasaで編集処理する前の原画です。 編集後は写真とは別のもので、Picasa ポスタライズ 処理したような感じがしますね。

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com