葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

美しい豪徳寺の写真

  

「他人は自分の鏡」  豪徳寺 様々な編集処理

 豪徳寺の写真を見ながら、素肌美人の話でもしたいのですが・・・「他人は自分の鏡」なりうるのだろうか・・・もっといえば、日本がどういう国であるかを自問するための、他国民が自分の(考え方の)鏡にあるうるだろうか。 たしかに、他人の振り見て我振り直せ・・という言い方はある。 自分の姿や考え方在り方を客観的に捉えることは難しい。 だからといって、他人他国を通して自分自国の在り方を客観視知ることは可能なのだろうか。 ・・・参考にはなるのでしょうが、それよりも、現実に即した考え方を超えて、未来を視野に入れた自分自国の在り方を考えたほうがよいでしょう。 他人他国を通して自分自国の在り方を考えるなら、過去や現実に基づいた価値観や利害を反映していることが多く、未来に継ががらない自分自国の在り方を主張することにもなりかねません。 ここ豪徳寺は決して古さを感じされる寺ではありません。 その意味では、貫禄はないかもしれませんね。 編集加工によっては、ここで見るような古く貫禄のある写真にすることも可能です。 先ずは、Picasa LOMO風 処理がオススメです。  Picasa HOLGA風 処理のデフォルト値での状態では白黒に見えていることもあり、それをそのまま使用することも可能です。 この画像では使ってませんが、画面全体をなめらかに見せる、言い換えればエッジを緩める処理のできるPicasa オートン風 処理も面白いですね。 Picasa 1960年代 処理をしてからモノクロ画像にする手はあります。 ここでは、Picasa 周辺減光 処理をして、画像の周囲を暗くしてます。 Picasa シネマスコープ 処理をしてから、画像上下のグリッドを 切り落とす方法もあります。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 原画のままでもそれなりの写真ですが、Picasa3.9で編集処理することによって、アートセンスに奥行が生まれます。。 

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com