葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

                     晩秋・豪徳寺の写真

  

晩秋を撮る  豪徳寺 様々な編集処理

 一年中で最も撮影に適する時期は11月から翌年の3月くらいだと思ってます。 個人的には、緑々した季節感は気持ち的に疲れるからだともいえます。 この時期は、空気が乾燥していることもあり、クリアに撮れるからです。 紅葉の季節は色合い的にも時期的にも(特に撮影するにあたっては)もっとも好みのシーズン(晩秋)となります。 ここで、ポートレイトでも撮ったら面白いうかもしれない。 自分写真を撮る練習には原宿あたりに出かけてショーウィンドーのマネキンを撮ってみると面白いと思う。 モデル:マネキンモデル:mannequinでは、実際にマネキンを撮って、それをPicasaで編集加工した写真を載せている。 マネキンを撮ることで難しいのは、本来ならば撮ってはいけないものであり、店の人への気遣いが必要であるから、シャッターチャンスが限られる。 ウィンドーの反射光をどう処理するかが難しい。 それでも便利で都合の良い点は、既にメイクやスタイリストすつと言われる人たちが、ディスプレイをしっかり撮れる状況にしていてくれること、特にライティングはまさにプロのそれなので、ここで上手に撮れなかったら、ポートレイトやモデル撮影・Picasa ヌード撮影は向かないと考えたほうが良い。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

             Picasa3.9で編集処理する前の原画です。 

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com