葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真    next>  

夕日の写真はカメラ側の設定

  

デジタル一眼レフの精度の良さ  葉山マリーナ Picasa編集処理する海の風景

 こうして、とれた写真を見ると難しい・・・ことが分かります。 夕日の写真はカメラ側の設定が難しいこともあって、これくらいが精一杯ですかね。 構図などは考えずにとってますから、もうちょっと工夫して撮ればいいのに・・・と思う方がいると思います。 デジタル一眼レフの精度の良さだけは伝わると思います。 画面左端に人工的な人の気配を感じますね。 これは好みの問題ですが・・・自然だけ・・というのは面白くないもです。 街灯らしきものが見えて、ほったて小屋がシルエットで見えてます。 画面の中に人と自然を結びつける何かがないと寂しく思うわけです。 真っ平らに突き出す堤防なども人工的な印象を受けますが。

Picasa HDR風 処理・・・ 画面にメリハリを付け、印象深い写真にします。 ビジュアルアートにとっては、絶対感覚ではなく、そこには常に総体的に成り立つ仕組みを見ることができる。 ここで、知っておかねばならないことは、いかなる編集を加えようと、画像的にはクォリティーが高くなることはなく、むしろ劣化します。 編集処理することはどうじに画質的には劣化していることではあるが、相対的に画質が上がっているような錯覚を見ることが多い。 どこを見だたせて、どこを閉じ込めるか・・というような手法でもある。 シルエットのように見せることで、夕日の印象を綺麗に収めている。 その代わりに、手前の埠頭の描写はほとんど見えなくなっている・・ことがわかる。 Picasa ヒートマップ 処理によって、サイドを上げ、Picasa クロスプロセス 処理で黄ばんだ画像にしてから、ポスタライズ 処理によって、細部のニュアンスを切り落とし、視覚的効果を狙っている。

                         <スポンサーリンク>

 

Picasaで編集処理前の写真

 Picasa3.9で編集処理する前の写真ですが、中央に見える埠頭の部分をシルエットにするか、明るさ調整ハイライト・シャドーによって、ある程度見えるようにするのかは、感覚的に好みの分かれるところですね。 フォトショップなどでは、部分だけの明度を上げることができますが、Picasaではそれができません。

 

 

Picasa <Home>   <back                           next>

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com