葉山マリーナ   豪徳寺   下北沢   二子玉川   ヨコハマ・みなとみらい   ポートレイト写真   next>

豪徳寺

 

Picasa 豪徳寺  素肌美人と寺を散歩する

スタイリッシュな美人と寺を散歩する・・・12月中旬の豪徳寺と紅葉。 小田急線豪徳寺駅よりあるいて12分、世田谷線宮ノ坂駅より歩いて200メートル位でしょうか。 車でなら駐車場は無料です。 ここ豪徳寺で撮影していて助かるのは、周囲にマンションやビルなどの高い建物が見えないことです。 どのようなアングルからでも、現代的な建築物などの被写体は入ってきませんから、安心して撮れるわけですね。 ここ豪徳寺は、それほど知られてないこともあり、年配の方が多く、若者の姿を見ることは少ないですね。 そんな中でも、美しい人を連れた男性の姿も見られますが・・目に馴染みやすいようにツルツル感のしない、<フィルムグレイン処理>をしてます。 Picasa(ピカサ)で編集処理してます。

tetsuro.higashi (東哲郎 写真集)  アートとしての女性ヌード作品集

 

             <スポンサーリンク>

 

「人のヌードの肌の色」豪徳寺 「晩秋を撮る豪徳寺 「オレンジ色とグリーン」豪徳寺 「日本人としてのアイデンティティー」豪徳寺 「日本という「くくり」」豪徳寺

  

「日本が「孤立」する」豪徳寺 「他人は自分の鏡」豪徳寺 「仮想の敵」豪徳寺 「対立の概念」豪徳寺 「何気ない写真」豪徳寺

  

「そこそこ自信がある写真」豪徳寺 「マイノリティー」豪徳寺 「感性が撮らせる写真」豪徳寺 「上下関係で撮るのは、愚の骨頂」豪徳寺 「ボヤけた写真」豪徳寺

  

「言葉にしてみる」豪徳寺 「覗いている」豪徳寺 「日本の民家」豪徳寺 「ワクワクする写真」豪徳寺 「屋根が白飛びしている写真」豪徳寺

  

「安易な撮影」豪徳寺 「リヤカーの写真」豪徳寺 「トリミングの仕方」豪徳寺 「三脚」豪徳寺 「技術だけでは撮れない写真」豪徳寺

「尖った感覚」豪徳寺 「入口と出口」豪徳寺 「血管のように写る木々」豪徳寺 「寺のダイナミズム」豪徳寺 「フラットな写真」豪徳寺

  

「重厚なイメージ」豪徳寺 「人の輪」豪徳寺 「写真の撮り方の難しさ」豪徳寺 「冬の写真」豪徳寺 「空は青い」豪徳寺

  

「カメラ ニコンD3」豪徳寺 「アメリカは日本を見捨てる」豪徳寺 豪徳寺 「レンズに入り込む光」豪徳寺

 

 デートコースの提案です・・・出発駅は京王線高井戸駅から世田谷線宮の坂駅で降りて豪徳寺を見学、その後、世田谷線で三軒茶屋に出て街を散策しながら食事でも・・・。 また、出発駅は小田急線豪徳寺駅からでも同様ですね。 とくかく、世田谷線に乗ってみることがオススメとなってます。 乗ってみて、得をしたような気持ちになれる電車などは今どきなかなかありません。 古き良き時代を感じさせる電車ですから、素肌美人または美男を伴ってのデートコースにしてはいかがでしょう。 帰りには、三軒茶屋でけではなく、下北沢に出てみることも楽しいかもしれません。 その場合の道順としては、三軒茶屋に出てから(バスまたは、歩いて)下北沢に行かれたらどうでしょうか。Picasa(ピカサ)で編集処理

 

           <スポンサーリンク> 

           

 

 画像をクリックすると大きめ(長辺840ピクセル・高画質)の画像のある他のページへ飛ぶようになってます。 もし良ければ、フリー写真として使ってください・・・使用に関しては自己責任でお願いします。 小田急線豪徳寺駅から歩いてもいけますが、世田谷線に乗り換えて行けば、宮の坂駅からは歩いて3分程度です。 この辺の寺のなかではもっとも立派な出で立ちを誇り、本堂の美しさは他に類を見ないほどです。 車で行かれる方は無料駐車場が完備されてますから、とても助かると思います。 撮影は12月末の晩秋の季節です。 

           <スポンサーリンク> 

           

 

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com