Picasa 3.9  <処理> モデル:Yutti

切り抜き・トリミング画面

 原画は、三宿にあるショップの下の駐車場・・・このエリアは洒落た店も多く、駐車場なども完備してますから、ちょっと出かけるにはとっても便利なところです。 当然のことですが、車のナンバーとか、その他の個人情報などはレタッチによって編集処理してます。 店内禁煙となっている店なのでしょうね、ここでタバコを吸うことになっているのでしょうか。 カメラマンとモデルが街を歩きながら撮影場所を探して撮影することを「お散歩撮影」というそうです。 モデル:Yutti さんは、タバコを手にしてますが、これは撮影のためのポーズであり、彼女はタバコは吸いません。 ちなみに、ここを撮影場所に選んだのもモデル:Yutti さんであり、ポーズもすべて彼女任せです。

 

ソフトフォーカスをかけた画像

 <傾き調整>から始めることが多いのですが、先ずは<トリミング>から始めてます。 現場がかなり暗いことと、フラッシュはたけいないことから、ISOをかなり高めに設定してます。 画質にザラザラ感があるのはそのためです。

 

コラージュした後にオートン風 処理

 <ブースト処理>によって、写真の色合いと明暗のコントラストを上げてます。 

 

           <スポンサーリンク>

          

 

トリミング・切り抜きする画像

 <オートン風処理>をしてます。 普段なら最初にする<傾き調整>を最後にしてみました。

 

 人物撮影とは言っても、ニコパチからポートレイト、作品撮りというように様々です。 自然や街の風景を背景にした屋外撮影もあれば、衣装を代えたりヌードで撮ったりする室内撮影もあります・・・もっとも、廃屋や自然の中でのヌード撮影もありますが。 どのような撮影にしろ、理想を言えば、モデルがいて、スタイリストが付き添い、ライティングなどの助手がいて、カメラマンがいることですから・・計、四人ということになります。 でも、実際のところ、人的にもお金的にもそのような余裕はありませんから、この「お散歩撮影」の場合には、モデルとカメラマンの二人で何とかこなさねばなりません。 カメラマンの私は、三宿にでも寄ってみるかな・・と提案しているだけで、車の運転とカメラのシャッターを切っているだけです。 モデル:Yutti さんは、普段はカメラマンをしていることもあり、ライティングや光の状況などを考えながら撮影ポイントを選び、立ち位置を探し、ポーズなども彼女が決めてます。 もちろん、衣装やメイクなどからタバコを手にするアイデアまで・・。   参考:モデル&フォトグラファー Yutti さんが初心者にも分かりやすく解説する ポートレイト撮影初級ガイド

 

           <スポンサーリンク>

          

 

      Picasa 使い方 <Top>       Picasa 3.9 で編集処理「裏原宿」 < back         next >  赤外線フィルム 処理     

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com