Picasa 3.9   <ポラロイド>処理

Picasa 3.9で<ポラロイド>処理した画像     Picasa 3.9で<ポラロイド>処理した画像

             

 

原画と比べれば、明らかに画質が落ちてます、というより、落としているのでしょうね、<ポラロイド>処理では。 今回の処理を代表するような加工処理で、画質やクォリティーじゃなく、ニュアンスで魅せる・・ということでしょうか。 インスタントカメラで撮影したような画像にします。

Picasa 3.9で<ポラロイド>処理した画像     Picasa 3.9で<ポラロイド>処理した画像

 

 

    ・・・・・・・・・・  Picasa 3.9 を試す!  編集後記  ・・・・・・・

 今回の Picasa 3.9 バージョンアップは、無料ソフトとしては ”驚異的な性能” を発揮します。 元々は、より多くの人たちで画像を共有するためのアルバムソフトとしての機能を備えた ”便利屋” だったのですが、今回の <様々な処理> 機能を持ち合わせたことによって、画像編集ソフトとして十分機能することが確認できました。 Picasa は元々、より多くの人たちで共有でき、アート感覚を優先したソフトだったのですが、Picasa 3.9 になり、ますますその色合いを濃くしてます。 アート的に美しく楽しくあるための機能は備えてますが、無駄?な機能は排除されてます・・・ このポリシーは、初期の Picasa から一貫したものです。

 それと、懐かしさや馴染みやすさを出すためのトイカメラ風の処理では、恣意的に画質を落としたり、劣化させる処理をします。 だからこそ、原画はクォリティーの高いデータを使用しないことには、その味わいは引き出せません。 ケータイ写真などを使って編集処理してみれば分かりますが、単なるお粗末なフォトになってしまうことにもなります。 「奥深い味わいのある写真」と「単にお粗末な写真」とは違うわけです。 そして最後に、欲を言えば、<レタッチ>処理がもう少し強化されると、もっと使い勝手が良いように思います。

カメラ: キャノン EOS 60D   ニコン D3  

撮影場所: 原宿(うらはら)  表参道  外苑前   南青山  六本木  下北沢  葉山マリーナなど・・

 

             

      Picasa 使い方 <Top>         ミュージアムマット 処理        Picasa 3.9 で編集処理「裏原宿」  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com