Picasa 3.9   <ネオン>処理

Picasa 3.9で編集処理した画像

原画は裏原宿と入れるエリアで撮った写真ですが、<ミュージアムマット>処理を使って、展示する絵画のように編集加工してます。 

Picasa 3.9で<ネオン>処理した画像

<ネオン>処理をしてますが、輪郭に色を添えることによって、画面に面白い色合いを添えることなのでしょう。 ちなみに、ネオンカラーはブルーに指定してます。 デフォルトでは赤ですから、最初はちょっとびっくりするような画像が見えますが・・・<ネオン>処理がどういうものか説明するための画像です。

                 <スポンサーリンク>

                

Picasa 3.9で編集処理した画像

日本画の原画を載せてます。 

Picasa 3.9で<ネオン>処理では、原画とは無縁な画像に変貌するというか、激変した画像

この<ネオン>処理では、原画とは無縁な画像に変貌するというか、激変します。 アート作品のようです。

                 <スポンサーリンク>

                

Picasa 3.9で編集処理したラガスの反射するショーウィンドー画像

ガラスに反射するショーウィンドーを撮ってます。 したがって、ガラスに映る像とショーウィンドーのディスプレが重なって撮れていることになります。

Picasa 3.9で編集処理したアート的な面白い画像

原画が見えにくいことに加えて、<ネオン>処理するわけですから、ますますアート的な面白い画像になっていきます。

          Picasa 3.9で<ネオン>処理したアート的な面白い画像

顔の内側の輪郭に赤い線が見えます。 こういう<ネオン>処理の使い方があります。 ほのかなセクシーさと怪しさが伝わってきますね。 このショットは動きの中で撮ってますから、顔の部分が多少ぼけてます。 <シャープ>効果を仕上げにかけてます。 そして、<ミュージアムマット>処理してます。

      Picasa 使い方 <Top>         スケッチ 処理< back        next >  マンガ 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com