Picasa 3.9   <スケッチ>処理

Picasa 3.9で編集処理した斬新で綺麗なショップ画像

JR原宿駅を降りたら、竹下通りを過ぎ、明治通りを渡ったエリアに「裏原宿」という大人の街が広がりつつあります。 その中でも、特に斬新で綺麗なショップを紹介してます。

Picasa 3.9で<スケッチ>処理した画像

今回のバージョンアップでも特に注目されるのが、この<スケッチ>処理ではないでしょうか。 <スケッチ>処理の画面を開ければ、半径の指定が見えますが、これは左位置では詳細に右位置では大まかになると考えればよいでしょう。 また、強度は読んで字のごとく、線の強弱の描写を・・。 フェードは、右位置に近づけば原画に近くなりますから、この画像を見ればわかるように、色彩も入ってくることになります。

               

 

Picasa 3.9で編集処理したRUGBYの画像

原宿表参道からちょっと入った位置にあります、RUGBY の文字が見えます。

Picasa 3.9で<スケッチ>処理したトレースすたように見える画像

この<スケッチ>処理を使いえば、簡単に絵が描けますが、これを使って上手い絵に見せようと考えるのはちょっと甘い考えかもしれません・・・写真は一つのレンズから見たものを忠実に写し撮りますが、人の目で捉えたスケッチは両目を使ってますから、写真とはかなり違ったニュアンスの「絵」になります。 写真と絵のどちらにリアリティーがあるか?といえば、最終的には人の目が決めることですから、人の目で忠実に再現された「絵」のリアリティーには敵わないと考えることが ”正しい” と思います。 <スケッチ>処理が、トレースなどに使えば限りなく便利であることは事実ですが・・

               

Picasa 3.9で編集処理した葉山マリーナでのヨット画像

葉山マリーナでのヨットの写真です。

Picasa 3.9で<スケッチ>処理した画像したヨットの画像

写真をそのまま貼るのよりも、<スケッチ>処理した画像を額にでも入れて、飾っておくほうが面白いかもしれません。 美しいフォトは、いかなる処理をしても美しさを保ちます。 鉛筆書きしたようになるので、<スケッチ>処理というのでしょう。 この画像をプリントアウトして、濃い鉛筆で線に強弱をつけ、色鉛筆で色彩を載せていけば、”立派な” 絵になってしまいます。

ここでは、最も画質のよい状態である<限界>にして画像を<エクスポート>してから、このページへ載せてます。 サイズが大きければ画像は ”重い” のですが、同じサイズの画像で編集処理した場合はどうなるのでしょう・・・原画を100としたとき、<シャープ>は110、<ブースト処理>は130、<ヒートマップ処理>は170などと重くなることもありますが、多くの処理では70〜80ぐらいに ”軽く”なる傾向があります。 連続して編集処理を重ねていっても、100前後か、それ以下に収まります・・・どんどん重くなっていくというようなことはありません。 ちなみに、この<スケッチ>処理した画像ですが、見た目にはかなり軽くなっているように見えますが、その重さは原画とほとんどかわりません。

また、デジタルカメラの初期設定での話ですが、ブログに貼る位の写真であれば、最も小さなサイズ(640x480ピクセル)で撮ることがお薦めです・・・PCに保存する際にも負担が軽減されます。 フルサイズで高画質で撮りたいのは分かりますが、プリントアウトする場合は別ですが、いくら大きめのサイズで撮ってもPC画面で見る場合は縮小しなければなりませんから、それならば最初から小さなサイズ(640x480ピクセル)で撮っておけば良いことになります。

 

      Picasa 使い方 <Top>         焦点を拡大 処理< back        next >  ネオン 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com