Picasa 3.9   <モザイク>処理

Picasa 3.9で編集処理した裏原宿で撮影した写真。 留めてある車画像

裏原宿で撮影した写真。 留めてある車が絵になってます。

Picasa 3.9で編集処理したフェード位置に選び方はここでも一緒で、右にスライドさせるほど、原画に近くなります。 アニメなどのようにも見えますし、別次元の画像に変貌画像

<モザイク>処理をしてます。 ピクセルサイズはモザイクの正方形の大きさ、ブレンドモードは予測に反した反応をするのでスライドバーを触ってみないことには分かりません。 フェード位置の選び方はここでも一緒で、右にスライドさせるほど、原画に近くなります。 アニメなどのようにも見えますし、別次元の画像に変貌してます。 <モザイク>処理は時として、暗すぎる画像になることもありますから、その時は明るさ調整したり、<シャープ>をかけるのも面白いです。 ブロック状の低解像度の写真にすることです。

                 <スポンサーリンク>

                

Picasa 3.9で編集処理した原宿でも、竹下口から明治通りを渡ったエリア画像

ここは原宿でも、竹下口から明治通りを渡ったエリア。 個性的でかつ斬新なショップが軒を並べます。 この画像を見ればわかるように、ちょっと風変わりな、それでいて美しい店構えを見ることができます。 とにかく、歩いていて、とても楽しめる、大人の街が展開されます。

Picasa 3.9で<モザイク>処理すると、ますますアート性の高い画像

原画が綺麗な写真なら、どう編集処理しようがその美しさは保つのが写真というものです。 <モザイク>処理すると、ますますアート性の高い画像に ”化学変化” していく様子が分かります。 画像そのものがアートになってます。

 

Picasa 3.9で編集処理したシャネルの美しいディスプレイをウィンドウ越しに斜め撮りした画像

シャネルの美しいディスプレイをウィンドウ越しに斜め撮りした写真です。

Picasa 3.9で<モザイク>処理に明るくした画像

<モザイク>処理をどう使うかは編集者によってかなり違うものと思われます。 ピクセルサイズを左位置にして、細かくすれば原画に近いニュアンスをキープできますが、右に移動するほどモザイクの正方形は大きくなり、<モザイク>処理自体も大胆なものとなります。 ブレンドモードは、場所によっては暗くなりすぎたり、明るくなりすぎたりしますから、その後に明暗の調整をする必要があります。 この画像では、<モザイク>処理後に明るくしてます。

                 <スポンサーリンク>

                

 

      Picasa 使い方 <Top>         周辺減光 処理< back        next >  焦点を拡大 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com