Picasa 3.9   <周辺減光>処理

Picasa 3.9で編集処理した原画画像   Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像

左は原画で、右は<周辺減光>処理した画像。 一見すれば、その差はほとんどありませんが、左はアマチュアっぽく、右はプロっぽい感じがしますね・・・アート作品とすれば。 風景写真にも人物やポートレイトにも、この<周辺減光>処理は今回のPicasa 3.9 でのバージョンアップでは最も利用価値のある「処理」であると思います。 室内写真であれば、ライティングのことなどの知識の差によって、上手に撮れないばあいでも、このPicasa 3.9 の<周辺減光>処理を使えば、それなりにうまく見えてしまいます。 作品撮りをする場合、プロとアマチュアの差はライティングの差によるところが大きく、その意味では、<周辺減光>処理を使えば、プロとアマチュアの差がますますなくなってきたとも言えます。 写真はその用途によって要求されるものが違ってきますが、商業利用を考えれば、左側の写真でも少し暗い感じしますし、作品撮りであれば、右側の写真の方が雰囲気が出てるということなのでしょう。 ちなみに、不動産会社で使う物件の紹介写真であれば、どちらも暗すぎてNGになりますね。

                 <スポンサーリンク>

                

 

Picasa 3.9で編集処理した東京湾の船の画像

晴海埠頭公園で船を撮影。

Picasa 3.9で<周辺減光>処理する画像

<周辺減光>処理すると、写真に ”集中力” が生まれますね。 ・・・元々、レンズを通して写真を撮る場合、中心部が明るく、周辺部は暗くなる傾向(欠点?)があって、そのことを「周辺減光」と言ってました。 その欠点を逆手にとって、効果処理としたのが今回のPicasa 3.9 <周辺減光>処理 なのです。 Picasa 3.9 バージョンアップ版は、このような本来なら欠点と思われるカメラやフィルムの特性?を逆手にとって、写真に様々な味付けをしようとしてるわけですね。

 

Picasa 3.9で編集処理した原画画像 Picasa 3.9でビネットカラーを「紫」にして<周辺減光>処理した画像画像

<周辺減光>とは、必ずしもビネットカラーを「黒」にすることではなく、「白」にして処理する場合もあります。 原宿で撮影したマネキンの画像です。 再度、ビネットカラーを「白」にして<周辺減光>をすれば、背景全体の(デフォルトの)「白」と同じになり、写真の使い方がまた一つ増えたことになりますね。

 

 

Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像    Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像

 最初は原画、右は <I'm feeling lucky> と コントラスト調整した画像。

 

 

Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像    Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像

 ビネットカラーを初期設定の「黒」に指定。 次は、明るいオレンジ色。

 

 

Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像    Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像

 <周辺減光>処理、ビネットカラーを「白」。 次は「ブルーグリーン」に指定。

 

 

Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像    Picasa 3.9で<周辺減光>処理した画像画像

 最後は、<周辺減光>処理、ビネットカラーを「紫」。 仕上げに<デュオトーン処理>。

 上は deal のマネキンで、下はロゴが見えるように CHANEL です。 上の deal のマネキンの膝を見てください・・・この造形はマネキンの膝ではなく、人のそれです。  この deal のマネキンは、裏原宿と言われるエリアにあり、ショーウィンドーは道側からはほとんど見えません。 この美しさとリアリティーには目を見張るものがあります。 一方の CHANELのマネキンですが、こちらも体のラインや造形に実際の人を見ているような説得力があり、その美しさとリアリティーは ”怖い” ほどです。 表参道で CHANEL と向き合う Dior ですが、こちらも一見マネキンっぽいのですが、 ”肌” の質感は人の肌以上に肌っぽいのです。 街を歩くと、人は限りなくマネキンに近づこうとしているようですが、一方のマネキンの方は人以上の ”人” になりつつあります。 現代人はマネキンのような無機質な美しさを夢描くのでしょうが、そのことを見越したマネキンは人を見下すように、いつしか生身の人に成りすますようになるのかもしれません。

 

                 <スポンサーリンク>

                

 

      Picasa 使い方 <Top>         ソフト 処理< back        next >  モザイク 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com