Picasa 3.9   <ソフト>処理

Picasa 3.9で編集処理したしっかりクリアに写っている画像

しっかりクリアに写っているとこを目指してきましたが、時にはぼんやりした画像が寛げる・・ということになったりします。 原画はクリアな画像ですね。

Picasa 3.9で<ソフト>処理によって、ぼんやり寛げる雰囲気画像

<ソフト>処理によって、ぼんやり寛げる雰囲気を作ってます。 柔らかな画像にすることです。 ここではポートレイトは載せてませんが、この<ソフト>処理が最も有効なのは人物写真の肌の質感を滑らかにすることにあります。 カメラマンが男性で被写体が女性の場合、肌のディテールをさほど気にしませんが、女性カメラマンであれば、女性カメラマンの中には自分がモデル経験があったりすれば、尚更のこと肌の質感には神経質になります。 肌を美しく見せるには、<ソフト>処理と<レタッチ>を使えばほとんどのことは解決できます。 今回のバージョンアップでの<処理>では、画質を劣化させてニュアンスを活かす処理が多いのですが、それらの処理でもディテールが消されるということによって、(肌の)粗が見えなくなるという利点もあります。

                 <スポンサーリンク>

                

Picasa 3.9で編集処理した花の画像

これでもよいのでしょうが、原画となる、花の画像。

Picasa 3.9で<ソフト>処理してる方が、何となくいい感じの画像

<ソフト>処理してる方が、何となくいい感じなのです。

Picasa 3.9で編集処理したベイブリッジの写真

ベイブリッジの写真。

Picasa 3.9で<ソフト>処理した画像

ちょっと<ソフト>処理してあるほうが、現実感がありますね。 デジカメには手ブレ防止機能はついてますし、オート設定でたいていの場面は綺麗にクリアに撮れてしまいますから、しっかり撮れることに価値があるのではなく、味わいあるように編集処理していくことに新たな魅力があるようになってきたようです。

                 <スポンサーリンク>

                

      Picasa 使い方 <Top>         ブースト 処理< back        next >  周辺減光 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com