Picasa 3.9   <ヒートマップ>処理

Picasa 3.9で編集処理した多摩美大の作品展示会場画像

原画・・・多摩美大の作品展示会場。 どこをどういじればどういう写真に変貌するのか?説明が難しいことが多いのも、今回の様々な処理に共通している。 <ヒートマップ>処理も例外ではなく、理屈で考えればなるほど・・なのだが、それでは、説明される方がたぶん分からない・・。 とりあえず、試してみよう!

Picasa 3.9で<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は左側した画像

<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は左側にしてます。 この画像は、かなり極端な処理を試みているので、使い方に戸惑うかもしれませんが、フェード位置を原画に近づけてみれば、それなりの使い勝手が理解できると思います。 <ヒートマップ>処理とは、写真をサーモグラフィーのようにすること。

Picasa 3.9で<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は中央にした画像

<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は中央にしてます。 風景や様々な被写体とカメラに収め、Picasa 3.9 で編集加工処理すれば、色彩の変化を十分体験できますし、プリントアウトすることで、それらを利用する子も可能です。

                

Picasa 3.9で編集処理した多摩美大の作品展示会場。画像

原画・・・多摩美大の作品展示会場。

Picasa 3.9で<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は左側にした画像

<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は左側にしてます。

Picasa 3.9で<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は中央した画像

<ヒートマップ>処理を、フェード位置は中央にし、色調は中央にしてます。 この<ヒートマップ>処理のばあいも同様ですが、フェードの位置取りが勝負どころとなります。 この場合も、右端の位置ではまったく<ヒートアップ>処理はかかりません・・原画のままの状態を表示します。 スライドバーを右から左に動かしながらの調整となります。

                 <スポンサーリンク>

                

      Picasa 使い方 <Top>         色を反転 処理< back        next >  クロスプロセス 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com