Picasa 3.9   <1960年代>処理

         美しく存在感のある画像であるから、様々な処理にも耐えうる画像。AZURA「アズーラ」

     AZURA「アズーラ」。美しく存在感のある画像であるから、様々な処理にも耐えうる。

         Picasa 3.9で<1960年代>処理した画像

     <1960年代>処理をしてせいか、半世紀前のポスターが出てきたような錯覚がある。

         Picasa 3.9で<クロスプロセス>処理した画像

     ものは試しと、<クロスプロセス>処理もしてみました。

                 

 

Picasa 3.9で編集処理したショーウィンドウ・ディスプレイ画像

ショーウィンドウ・ディスプレイ

Picasa 3.9で<1960年代>処理した画像

<1960年代>処理がどういうものか? わかるような写真。

Picasa 3.9で<色の反転>処理した画像

<色の反転>処理をしてみました。 Picasa 3.9 になってから、編集加工の可能性が飛躍的にアップしました。 いままでのPicasaであれば、アルバム編集ソフトだったのでしょうが、Picasa 3.9 になってからは、写真編集ソフトに変貌したようですね。 それも、従来から備わっているアート性を優先した「ソフトの感性」にはますます磨きがかかっているようです。

                 <スポンサーリンク>

                

      Picasa 使い方 <Top>         オートン風 処理< back         next >  色を反転 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com