Picasa 3.9   <シネマスコープ>処理

ショーウィンドウのディスプレイ画像

ショーウィンドウのディスプレイ。 これだけでも十分美しい画像です。

Picasa 3.9で<シネマスコープ>処理をすると、味の出る画像

<シネマスコープ>処理をすると、もっと味のある画像に変貌します。 この<シネマスコープ>処理では、処理後、少し画像の縦幅が狭くなります。 原画を余裕をとって大きめに撮っておけば、こんな場合は便利かもしれませんね。 シネマとは、昔風の映画という意味で使うのでしょうから、昔風の写真にすること・・なのでしょう。

 

                 <スポンサーリンク>

                

 

店名は「Bailey」となってます。雰囲気のいい店の画像

店名は「Bailey」となってます。 雰囲気のいい店ですね。

Picasa 3.9で編集処理した<シネマスコープ>処理をレターボックスにチェックを入れて適応を押してますから、上下に太い黒の画像

<シネマスコープ>処理をレターボックスにチェックを入れて適応を押してますから、上下に太い黒の帯が付いてきます。

Picasa 3.9で編集処理した<トリミング>した画像

<シネマスコープ>処理をした画像の帯が太すぎると感じることはありませんか? それなら、このままでは<トリミング>できませんから、一旦、<コラージュ作成>から、コラージュしてください。 そのコラージュした画像をこのように細めに<トリミング>すれば良いわけですね。

                 <スポンサーリンク>

                

裏原宿で撮った写真

裏原宿で撮った写真。 この写真でも十分なのですが、<シネマスコープ>処理をかければ、もっと懐かしさの出るフォトになるのではないかな・・と思い、試してます。

Picasa 3.9で<シネマスコープ>処理をレターボックスにチェックを入れた画像

<シネマスコープ>処理をレターボックスにチェックを入れて<適用>を押してます。 この<シネマスコープ>処理では多少画面が横長になること、<シネマスコープ>処理をしても上下の枠だけが付いて見えているわけで、そのまま内側の画像だけをトリミングすることもできます。 画像が古びた懐かしさの漂う柔らかないい感じになります。

 

      Picasa 使い方 <Top>         HDR風 処理< back        next >  オートン風 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com