Picasa 3.9   <LOMO風>処理

横浜・県庁前の画像

原画・・・横浜・県庁前。 観光地としての意識がそうさせるのか、綺麗な建物をそのまま残している。

Picasa 3.9で編集処理した<LOMO風>処理・・・ぼかし(エッジ)は初期設定値の中央位置画像

<LOMO風>処理・・・ぼかし(エッジ)は初期設定値の中央位置。 フェードも初期設定値の左端の位置。 ここで載せてる画像は全て初期設定値で処理してます。 ぼかし(エッジ)のスライドバーは、<LOMO風>処理をクリックして出てくる画面では中央になってますが、左に動かせばぼかし(エッジ)を薄くし、右に移動させれば周辺部のぼかし(エッジ)は濃くなります。 今回の Picasa 3.9 のバージョンアップでは、様々な<処理>をすることができるようになってますが、初期設定地のまま処理するとちょうど良いように設定されている場合が多い。 ・・この目に染み入るようなレンガの色合いを見るとき、原画が写真という単なるリアリティーなら、<LOMO風>処理された画像は情感のリアリティーを再現しているようだ。

 

原宿にあるSHIPS。マネキンがカッコいい!画像

原画・・・原宿にあるSHIPS。 とにかく、マネキンがカッコいい!

Picasa 3.9で<LOMO風>処理・・・ぼかし(エッジ)は初期設定値の中央位置にした画像

<LOMO風>処理・・・ぼかし(エッジ)は初期設定値の中央位置。 フェードも初期設定値の左端の位置。 マネキンを見てもわかるように、周辺部は少し暗くなり、ぼけていることが分かる。

斬新でしかもアーバンギャルドな印象のある店が多く立ち並ぶ街、裏原宿の画面

原画・・・最近では「ウラハラ」と言われる裏原宿を歩きながら撮った写真。 斬新でしかもアーバンギャルドな印象のある店が多く立ち並ぶ街、裏原宿。 街を散策するなら、ここウラハラが最も楽しいし、新たなショップもどんどん増えている。 竹下通りが子供や観光客の街なら、こちらウラハラは洒落た大人の街である。

Picasa 3.9で<LOMO風>処理・・・ぼかし(エッジ)は初期設定値の中央位置の画像

<LOMO風>処理・・・ぼかし(エッジ)は初期設定値の中央位置。 フェードも初期設定値の左端の位置。

                 <スポンサーリンク>

                

      Picasa 使い方 <Top>         赤外線フィルム 処理< back       next >  HOLGA風 処理  

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com