Ura-Harajuku    ガシャガシャ感があって、無理のある写真「裏原宿」<back    next>Collect Poin「裏原宿」

Ura-Harajuku(裏原宿)画像

 

全てが洒落た粋なセンス Ura-Harajuku(裏原宿)

 店構えもですが、全てが洒落た粋なセンスを感じますし、ここでこうして時空を共有できることが嬉しく思えますね。 裏原宿と言われるところには、こういう嬉しくなるような場面に多く出会います。 ここにきて良かった思える瞬間があります。Picasa 3.9による<漫画>処理をすべてデフォルト値によって行なってます。 その後に、<周辺減光>処理を、<ビネットカラー>は「黄色」、サイズは小さく、強度とフェードはデフォルト値で処理してます。 原画はがっちりとしっかり撮れていることもあり、そのままでも十分綺麗な画像なのですが、Picasa 3.9の処理を敢えて試してます。

 画像を右クリックして、プロパティーを見れば、Picasa・ピカサの中に入ってる情報を知ることができます。撮影時でのカメラの設定に関する情報が分かる・・・ホワイトバランスはどうだったか?、Makemote、探知方法(単板式カラーセンサー)、ファイルソース、直接撮影かどうかという意味でのシーンのソース、CFAパターンについて、カスタムレンダリング、露出モード、デジタルズーム倍率、シーンキャプチャタイプ、ゲインコントロール、コントラスト、撮影彩度について、シャープネス、被写体距離レンジ、GPSタグバージョンなど。 いい写真が撮れることもあれば、失敗することもある。 どうして上手くいったのか?また、失敗したのか?を撮影後に調べることができますから、反省することを重ねることによって、撮影技術のスキルアップ、カメラの設定などをその後に備えていくこともできるわけです。 今回の新たな更新でもあるPicasa 3.9でも、視覚的な基準だけでなく、ヒストグラムを見ることによってデータ的な根拠を確認することもできるわけですから。

                     スポンサーリンク

          

 

Collect Poin「裏原宿」 街の景色の美しさ「裏原宿」 Ciaopanic「裏原宿」 Joyful と書かれたバス「裏原宿」 Le Vongole「裏原宿」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com