Ura-Harajuku      グレーとブラックとブルーの色彩「裏原宿」<back    next>何だか前衛的で常識はずれ「裏原宿」

黒、茶、グレー、ブルーの靴が美しい画像

 

Picasaが便利な理由 Ura-Harajuku(裏原宿)

 Picasa ピカサ 3.9で編集加工してます。 周囲を少しですが、暈してます。 黒、茶、グレー、ブルーの靴が美しいですね。 その後に、Picasa 3.9のバージョンアップによる<周辺減光>処理をしてます。 この<周辺減光>処理画面が開いた時点では、初期設定となっていることもあり、<ビネットカラー>は「黒」になってます。 一般的には、「黒」が使いやすいと考えられますし、需要も多いと見込まれるからです。 この写真処理の場合は、<ビネットカラー>を「薄いスカイブルー」にしてます。 この<ビネットカラー>を「白」にすることもできますから、その場合は、写真の周辺部を薄くなるように消していくことができるわけです。 今までなら、コラージュを駆使してしか出来なかったことが、Picasa 3.9では簡単にできるようになりました、Picasaがますます便利になっていきますね。

                     スポンサーリンク

          

 Picasa・ピカサの使い方、なぜPicasa・ピカサが便利なのか?その訳を書いていきましょう・・・PCや編集などといった特別な知識がなくても、やろうとする気持ちさえあれば誰にでも簡単にできる、そして、アート感覚をも共有できる。 出来上がった画像はウェブアルバムを使って多くの人たちと共有することができるし、また、個人的に限られた人とだけ写真を見せ合うこともできる。 これらは、パスワードの設定の段階で細かく公開範囲を決めることができる。 写真編集ソフトというよりも多くの人で共有するためのアルバムソフトの仕様であることも分かる。 特別な利用を考えなければ、Picasa ピカサ 3.9で十分賄えることがわかる。

                     スポンサーリンク

          

 写真や動画を皆で楽しむ程度であれば、十分すぎるほどの編集加工ができるのもPicasa・ピカサなのです、また、それを目的開発されたのもPicasa・ピカサなのです。 Picasa・ピカサをインストールして取り込めば、PC内にあるすべての画像をPicasa・ピカサのライブラリ画面上に映し出すことができますから、編集加工はもちろんのこと、その画像のすべての管理を簡単にできること・・・サムネイル画像をクリックすれば大きめの画像が見えてきます。 右クリックしてからプロパティを開けてみてください・・・ハードディク上のどこにその画像があるのか? 画像ファイルサイズは? ピクセル数は? どんなカメラメーカーなのか?、画像入力機器のモデル名は? 現画像生成日時、デジタルデータ作成日時、ファイル変更日時、ファイル作成日時、撮影した際のフラッシュの有無、レンズ焦点距離の表示、レンズ名、撮影時の露出時間、F値、ホワイトバランス、測光モード、露出プログラム、画素構成やオフセットに関して、またユーザーコメントなどを書き込むことも可能なのです。プロパティを開けただけでも、上に挙げたようなデータを確認することができます・・・Picasaの利便性とはいっても、そのほんの僅かな部分だけでもこれだけのことができますし、確認・調べることができるわけですね。

 

                     スポンサーリンク

          

 

 

何だか前衛的で常識はずれ「裏原宿」 和洋折衷の店構え「裏原宿」 ガシャガシャ感があって、無理のある写真「裏原宿」 全てが洒落た粋なセンス「裏原宿」 Collect Poin「裏原宿」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com