Ura-Harajuku         成城アルプス<back    next>背景はバーコード

Picasa 3.9で処理した画像

 

ボトル「裏原宿」 <スケッチ>処理

 Picasa 3.9による様々な処理をした画像です・・・<スケッチ>処理は、フェードを左位置から70%、半径、強度共にデフォルト値で。 それから、<ブースト>の強度は80%、<ソフト>はデフォルト値で、<マンガ>処理はドットフェードを左寄りにすればするほどマンガ的なニュアンスが増します。 カラーブラシ、ドットの密度共にデフォルト値・・・と処理を続けてます。

画像編集ソフトPicasaで全て管理してます。

 

                     スポンサーリンク

          

高性能カメラで高密度に撮ることは当たり前になってきてますからね、それほど値段をかけずにカメラを楽しもうと思えば、今回のPicasa 3.9 のバージョンあ封を考えれば、それらの多くはレトロな画像にしたり、1960年代風の雰囲気のある画像にしたりと・・・画質やクォリティーを追求するのではなく、むしろ、画質を下げることによる「懐かしさ」の再確認だったりするようなのです。 その意味では、カメラは二極化していくように思われます・・・お金をかけて精度を上げていくことと、手軽にトイカメラ風に雰囲気を楽しむための画像と・・・

                     スポンサーリンク

          

 

 

Crisp「裏原宿」 文化屋雑貨店「裏原宿」 不思議なお店「裏原宿」 洒落た空調機「裏原宿」 神宮前 2-18-7「裏原宿」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com