Ura-Harajuku           街を撮る楽しさが伝わる写真「裏原宿」<back    next>Stay Real「裏原宿」

ディスプレイ

 

Picasa ピカサ 3.9の <I'm feeling lucky> Ura-Harajuku(裏原宿)

 ショーウィンドーを明るく撮る。 ディスプレイであれば、店の外から撮影することもあり、ガラス越しになりますから、この写真でも分かるように角度によっては光が跳ねることにもなります。 そんな時には、Picasaの <I'm feeling lucky> を押してみましょう・・・水面などを撮った際にも同様な光の跳ねる現象が起きますが、<Picasa I'm feeling lucky> であれば上手にそれらを修めてしまいます。 デジタルカメラの構図とかアングルではなく、画質のクォリティーの高さと撮ることの面白さで見ていただくと嬉しいです。

 

                     スポンサーリンク

          

 

  PCのハードディスクに画像を取り込めば、自動的にPicasaに表示されますが、その取り込んだ画像をとりあえず <I'm feeling lucky> 編集加工処理をしておくとようにします・・・Picasaのライブラリ画面から、そのフォルダ内の全画像選択をしてから、ライブラリ上部画面<画像>から、<一括編集>を選び、<I'm feeling lucky>を選びます。 この<I'm feeling lucky>操作は、一枚の画像での数秒を要しますから、100枚であればそれなりの時間が掛かります。 特別なこだわりのない旅行の写真などであれば、<I'm feeling lucky>であり、<トリミング>や<傾き調整>をする前に、全画像を<I'm feeling lucky>で編集してしまうことを勧めます。 Ura-Harajuku(裏原宿)の明るく、センスの良い感じがそのまま伝わってくる写真になってますね。 仕上げに、Picasa 3.9の写真に影付きのマットフレームを追加する<ミュージアムマット>を使ってみました。 街の写真というより、マットと額を付けた水彩絵画作品を紹介するような感じになりますね。

 

                     スポンサーリンク

          

 

 

 

Stay Real「裏原宿」 マネキンがカッコいい「裏原宿」 裏原宿と言われるエリア「裏原宿」 夜の室内からの光でライトアップ「裏原宿」 ニコンのA設定「裏原宿」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com