Photo-Art-Collection                        Picasaの利便性<back    next>人体を真上から撮る

時には「対決する」人物撮影

 

時には「対決する」

 時には、モデルと「対決する」ことにもなります・・・自分がモデルになることを考えただけでも分かることですが、綺麗に格好よく撮られたいと思うのは誰にとっても当然のことなのです。 制作者・カメラマンにとっては、よりアート的な写真にしようと考えるわけですから、綺麗とかカッコ良いとかよりもその他にこだわりがあることは当然なことです。 そこで、綺麗な・・こととアート性があることの両方を満たさないことが起こってきた場合、どちらも譲れないこととなり、「対決する」ことになるわけです。 大体は、モデルの指摘により、カメラマンが譲るケースになるわけですが、撮影進行中はカメラマンにとっては「対決する」姿勢を崩さないようにしないと、納得できる写真は撮れません。 結果として、モデルに媚びているような写真ばかりでは、撮ること自体が嫌になってしまうからですね。 だから、出来るならアートセンスのある(アートに理解ある)人をモデルさんに依頼すると良いと思います。 私の場合は、できる限りアートに理解のある方、(多くは)アーティストその者にモデルを依頼するようにしてます・・・Picasa 裸のコミュニケーション。 無料編集加工ソフトとして、Picasaを推奨するのは、ソフトの手段ではなく創造性に富んだPicasa アートの本質に関わる何かに繋がっているようなソフトだからです。

 無料編集加工ソフトとして、Picasaを推奨するのは、ソフトの手段ではなく創造性に富んだアートの本質に関わる何かに繋がっているようなソフトだからです。 最新バージョン版Picasa ポートレイト 処理も参考にされてください。

 

         

 

 

         

 

 

 

人体を真上から撮る セクシー 肉感 清々しさを感じさせるモデル 「枠のとり方の違い」がテーマ

Photo-Art-Collection                             Picasaの利便性<back   next>架空の人物

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com