Photo-Art-Collection                        女性の肖像<back    next>時には「対決する」

人物画像とPicasaの利便性

 

Picasaの利便性

 Picasa・ピカサがなぜ便利なのかを書いてみましょう・・・PCや編集などといった特別な知識がなくても、ちょっと慣れれば誰にでもそこそこ編集加工できること。 そして、ウェブアルバムを使って公開することもできれば、パスワードなど設定すれば限定公開も可能なこと。 他のソフトがそうであるように、とにかく使ってみること、そして慣れることから始めます。 そして、写真をある程度専門的に扱う人にとっては編集ソフトというよりもPicasa ウェブアルバム的色彩が強いことも言われます。 要は、そこそこ編集できて、簡単にグローバルに写真を共有出来ることが最大のメリット(利便性)となっているわけです。

 もう少し詳しくいえば・・・仕事としてクライアントの要求を満たすためであれば、他のソフトが色々なことができて使い勝手良いだろうこと。 写真や動画を皆で楽しむ程度であれば、十分すぎるほどの編集加工ができるのもPicasaなのです。 ライブラリ画面上にある画像を右クリックしてプロパティを開けてみてください・・・ハードディク上のどこにその画像があるのか、画像ファイルサイズ、ピクセル、カメラメーカー、画像入力機器のモデル名、現画像生成日時、デジタルデータ作成日時、ファイル変更日時、ファイル作成日時、撮影した際のフラッシュの有無、レンズ焦点距離の表示、レンズ名、撮影時の露出時間、F値、ホワイトバランス、測光モード、露出プログラム、画素構成やオフセットに関して、またユーザーコメントなどを書き込むことも可能なのです。 このようにして、プロパティを開けただけでも、上に挙げたようなデータを確認することができます・・・Picasaの利便性とはいっても、そのほんの僅かな部分だけでもこれだけのことができますし、確認・調べることができるわけですね。。

 そのほかにも、撮影時でのカメラの設定に関する情報として・・・ホワイトバランスに関して、Makemote、探知方法(単板式カラーセンサー)、ファイルソース、直接撮影かどうかという意味でのシーンのソース、CFAパターンについて、カスタムレンダリング、露出モード、デジタルズーム倍率、シーンキャプチャタイプ、ゲインコントロール、コントラスト、撮影彩度について、シャープネス、被写体距離レンジ、GPSタグバージョンなど・・・考え方によっては、かなり専門的な知識がないとPicasaがPicasaである意味は分からないこと、また専門性に応える仕様にもなっているといことですね。 それでも分からないことがあれば、Picasa ヘルプを訪ねてみるとか、 Picasa すべての参照を。 また、 Picasa マイグループに参加することや Picasa フォーラムに投稿してみると、素早く詳しい方の返答があります。 編集処理ソフトとしての使い勝手の良さはもちろんのこと、様々なサポートが用意されているのも「Picasaの利便性」といえるでしょうね。

 

時には「対決する」 人体を真上から撮る セクシー 肉感 清々しさを感じさせるモデル

Photo-Art-Collection                             女性の肖像<back   next>時には「対決する」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com