Photo-Art-Collection                        赤のドレス<back    next>Picasaの利便性

人物画像を撮るタイミング

 

撮るタイミング

 人物写真が難しいのは「撮るタイミング」であるという話をよく聴く。 一番良い瞬間のモデルの表情を捉えなければならないと・・・。もっともな話ではあるが、この話はアナログ志向のデジタル感覚のない人たちの話であることがわかる。 フィルムであれば、そうやたらとシャッターは切れない。 数打てば当たると言っても限度があるし、撮れる枚数に限りがある。 ところが、デジタにはその限度がない。 RAWとJPEGとを同時にフルサイズで撮ることがあるが、12Gのメモリーがあれば、1000枚は撮れる。 一度に三時間の撮影であればこれだけの枚数が撮れれば十分である。 カメラマンが撮るタイミングに神経を使うのではなく、5秒間隔位で連続してシャッターが切れていくことを予めモデルに伝えておくことなのです。 そうすれば、タイミングを合わせることなく、自然と合っていくことなのです・・・スナップ撮影作品撮りについて、参考にされてください。 また、Picasa セミヌードについても・・

 

 

         

 

 

 

Picasaの利便性 時には「対決する」 人体を真上から撮る セクシー 肉感

Photo-Art-Collection                             赤のドレス<back   next>Picasaの利便性

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com