Photo-Art-Collection                        展示する向き<back    next>赤のマニキュア

人物画像 薄暗いシーン

 

薄暗いシーン

 実際にはこれほど薄暗くはないのですが、写真ではこれくらいに撮れてしまいます。 なぜそんなことが起こるかと言えば・・・カメラは設定されているようにしか ”見えてません” が、人の目は暗い場所では瞳孔を開いてものを見ますし、逆に明るいところでは閉じてみようとします。 したがって、カメラのオート設定のようになっているのが ”人の目” といえます。 また、写真ならば一点に合わせて露出と焦点距離をとりますが、人の目は(たぶん、2〜3秒間、露出や焦点距離や視線の位置を変えながら)ものを把握しようとします・・これは、写真と絵の根本的な違いを示唆してます。

 

         

 

 Picasa で編集処理する前に、視覚の意味と定義付け、ヌードを描くこと・撮ることについて、考えてみるといいですね。 最近のカメラでは、ISOと言われる感度を上げる装備が積み込まれてます。 これを使うと、人の目が見る以上にカメラは見えてることになり、したがって、撮れてることにもなります。

         

 

 

 

赤のマニキュア 自然な表情 少女的なポーズ 白黒写真 額の中に人を撮る

Photo-Art-Collection                             展示する向き<back   next>赤のマニキュア

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com