トリミング・切り抜きのコツ! Picasa・ピカサ

 
美人女性の肖像画

 

 

Picasa・ピカサで編集加工で編集加工 トリミング・切り抜きのコツ! >   写真を撮る際のアングルでも同様のことが言えるのでしょうが、対象の輪郭などに拘ると思い通りの写真が撮れません。 逆に考えれば、モノクロで輪郭や明暗に拘って撮るのか、色に拘って撮るのか、自分の中ではっきりすることです。 つい、欲張って両方を撮りにいこうするのですが、そうすれば、可のなく不可もないような面白みない画像ばかりになってしまいます。 商業用に使う写真であれば仕方のないことですが、趣味で撮ろうとするなら、(既成概念や下手な経験には)拘らないようにすることだと思います。 もちろんここでは、自分が描いた絵をPicasa・ピカサで編集加工してるわけですが、左が原画サイズのトリミング、右は対象をアート感覚で好きなようにトリミング・切り取った画像です。 右は拡大写真にようになっており、鉛筆描きの細かな描写まで見ることができます。 写真撮影が下手なせいか、背景(紙の色)の明暗が安定しません。 たぶん、ライティングがちゃんとされてないからでしょうね。 また、トリミングをするよりは、予め <傾き調整> を試してみることをオススメします。 画像を回転させるということは、それによって画像の四隅から相似な直角三角形を切り取ることと同じです。 したがって、トリミングばかりに拘らず、<傾き調整> をしてみることです・・・写真というのは、ちょっと傾きを変えてやるだけで、けっこう面白い写真になったりします。 トリミング・切り抜きのコツ!は、傾き調整にあるといっても過言ではありません。 早速 Picasa・ピカサで試してみてください。 この画像は絵画ですから、<傾き調整> はしてませんが、風景写真などであれば、人それぞれの癖で、微妙にどちらかには傾いているものですから・・・右利きであれば、アングルは右上がりになりがちとのことですが。

秋の紅葉風景写真

トリミングする前の写真とトリミングした後の写真です。 トリミングすれば当然のことですが拡大写真のようになり、ピントのずれや(ハンドで撮れば)手ブレなども見えてきます。 とのためにも、出来れば、三脚を使って撮りたいものです。

トリミングした秋の紅葉風景写真

人物パネル・ヌード画ヒップ 実サイズとサムネイル画像 人の裸の画像

 

店の店頭写真 <傾き調整>した画像 基本編集したオイルパステル画