写真の撮れ方 Picasa・ピカサ

 
カメラと人の目の違いを解説するための画像

 

 

写真の撮れ方 >  人が目で追う像は、明るいところを見るときには動向が閉じ暗いところを見るときには開いていたりします。 また、近くを見るときと遠くを見るときでは焦点距離を変えながら見てます。 したがって、一律の露出や焦点距離で見ているわけではありません。 同一の被写体(モチーフ)であっても、絵で描くのと写真で撮るのとではまったく違ったことになります(したがって、写真のようにリアルな絵を描くこと自体が意味がないことと考えられますし、写真でいうところのリアルさと絵のリアルさではその意味が根本的に違っているということにもなります)。 ところで、この画像については、管理人の絵を管理人自身が撮った画像ですが、とてつもなく下手な写真となってます・・・目で見ているときには気付きませんが、上部に影が見えていることです。 視覚的にはこの暗さは見えませんが、写真であればしっかり物理的にその差を捕らえているということになります。 この辺のところが、写真の難しいところでもあり、慣れと経験が問われるところでもあります。 上の部分の影は、Picasa・ピカサで加工(レタッチ機能)すれば直せないことでもありませんが、それをすると、肝心な絵のニュアンスが出なくなってしまうことにもなります・・・データが飛んでしまうことです。

カフェの写真と横向きに回転させた画像

上に載せてるヌード絵は、抽象画であればこのように左に回転させてネームを入れ、仕上げてしまいますが、人物画であればそれが出来ません。 あえて、Picasa・ピカサでコラージュ画像として回転させた画像を載せてます。

人体モーション・腰の姿 湖の写真をピカサでレタッチを使う 真横からのポーズ

 

基本編集加工 プロポーションと足を開いた状態のポーズ 川の写真・自動色調整