白黒・モノクロ絵画の撮り方 Picasa・ピカサ

 鉛筆で描く女性の肖像画・白黒・モノクロ絵画:60x55センチ。 この画像を見てもお分かりの通り、お世辞にも上手な写真ではありません。 先ず、ライティングの方法を知らないこと・・・右上にライト(蛍光灯)の反射光が入っていることです。 水彩紙に描いた絵ですから、背景となっている部分はほぼ白ですが、ほとんどグレーに撮れてしまってます。  <ハイライト>で調整すれば背景は白になりますが、絵画の描写のニュアンスが飛んでしまいます。 それで、仕方なくグレーのままで展示しているわけです。

鉛筆画・女性人物画

 一眼デジ(D60)で撮ってますから、カメラの性能としてはそこそこだと思ってますが、ライティングの知識もなく、その上ハンドで撮ってますから、これくらいで精一杯というところですね。 コンパクトデジカメでは撮らないほうがよいと考えてます・・・Picasa・ピカサなどでの編集加工段階で制限が加わりますし、暗いほうの側がしっかり撮れてないこともあります。 編集ソフトで明るくしたり、コントラストを上げると、<白とび>のようなことが起こり、ニュアンスが飛んでしまうことです・・・何度の失敗してます。 白黒・モノクロ絵画の撮り方・モノクロ撮影とはいっても、その失敗例を貼っているようなものですが、自分としては(ちょっと薄暗くて)気に入った画像にはなってます。 モデル(ヌードモデル美術モデル)となっている女性の聡明さと気品が伝わるでしょうか・・・

湖のフォトテクニック 線と立体感 飾りを撮るデジカメ画像

 

Picasa・ピカサで加工する色彩画像 モノクロ足を開いた状態のポーズ 深い森と竹林