肖像画を描く Picasa(ピカサ)で編集加工する

 
新古典主義

 

 

肖像画を描くことの難しさ >  作品にすることの難しさ・・・肖像画・虚ろな女性の肖像というより、人物画またはポートレイトといったほうがよいのでしょうか。 基本的には、人物を前にして描くことですから、モデルをされる方に絵が見えてしまうことのなります。 男性であれ女性であれ、美しく格好よく描かれていることを望みますから、制作者がアート感覚で描き難いことがあります。 まぁ、抽象的にピカソのようにグシャグシャに描くわけにはいきません。 「ぜんぜん似てませんね!」とか「これは私ではありません!」なんてことを言われかねません。 描く方としては、似顔絵を描いてるわけではありませんし、”写真”のようなリアルな絵にしようとしているわけでもありません。 (絵を描く人間に)見えたように見えたままを描きたいと考えているわけです。 カメラは記録しようとする目ですが、絵(肖像画)は記憶しようとする目ともいえます。 作品である限り、制作者が満足するようにしか描けませんが・ビジュアル(視覚)・・

クロッキー絵画・ヒップの絵 夕日とオレンジ色 Picasa(ピカサ)で編集加工した全身を描いた画像

 

写真・夕日 Picasa(ピカサ)でヌード絵画 立体的人物像