Picasa(ピカサ)で編集加工 ヌード・コラージュ

 

座りポーズ

 

 

ライティング >    Picasa(ピカサ)でのライティング補正は、部分の明るさやコントラストを変えることはできません。 したがって、全体的なニュアンスを変えることができる程度だと思えばよいでしょう。 この画像はクロッキー画ですから、Picasa(ピカサ)でコントラストを少し変えてるだけで編集加工らしいことはほとんどしてません。 絵を描く場合は、写真を撮るのとは違って、ライティングなどはほとんど考えません。 この絵では、バストと胴の部分だけにライトが当たっている様に見えますが、実際にはほぼ均等にライトは当たってます。 絵を描くにあたって、目線が女性ヌードのバスト部分によっているので、その分の明るさ(コントラスト)が上がったと思われます。 ここでも、人の目が認識する像とカメラがデータとして収めようとするものは明らかに違うわけです。 Picasa(ピカサ)で編集加工(ヌード・コラージュ)にも、 <ライティング修正> という項目があるのですが、全体のライティングの感じを変えることはできても、部分の光の当たり方をかえることは出来ません。

コラージュ画像

腰のライン 木の実の写真 仰向けの像

 

パステル画・家 お腹 橋の写真