Picasa(ピカサ)で編集加工 ヌード・コラージュ

 

仁王立ちのモデルポーズ

 

 

 

撮ることより編集すること >   元々は、写真を撮ることに楽しみがあったはずですし、また、現像することも難しさもあったわけです。 ところが、今は、デジタルカメラで撮ることもあり、とった後から編集加工する楽しみが(撮ること以上に)時として難しく、また楽しいことであります。 実際に撮ることに必要な時間よりも編集加工するための時間のほうが多くかかるように思います。 展示するために、Picasa(ピカサ)のコラージュで、こうしてグリッドまでつけるのであれば、写真を撮るセンスよりも加工するセンスをより多く問われることにもなります。 絵(ヌード)を撮ることの難しさは、背景になっている白い紙を白く撮ることです。 PCで見るデフォルトの白は少しグレーなのですが、紙色の白を撮ることが難しいのです。  無料で使いやすいのでオススメです。    ここからダウンロードできます ⇒⇒⇒<Picasa の使い方 Home

寛ぐポーズ

絵うに載せている二枚の画像は、ポーズもこれらの絵を描いた日も違うのですが、なにやら共通するものを感じます。 感覚が優先しているというか、技術的にはちょっと雑な感じがしないでもありません。 上手な絵とはいえませんが好きな絵になってます。

ヒップをトリミングしたフォト 祭りの若い女性 ボディー

 

自然の秋の景色 ヒップ・尻の割れ目 コントラスト効果とサチュレーション効果を加えたショーウィンドーのフォト