Picasa(ピカサ)で編集加工

 

パステル絵画裸婦の姿

 

 

ヌード 赤と青の創るコントラスト >   赤と青ですから、混ざればほぼグレーになります。 この絵は、鉛筆で描いた下地を基にパステルを塗りこんでます。 それも、赤と青の二色だけで彩色してます。 多くの色を使うことよりも、できる限り少なくしておいた方が綺麗に見えることが多くあります。 このヌード画見れば、赤と青以外の色がたくさん見えるような錯覚はありますが、それは錯覚といよりも、人が勝手に想像することから生まれる創作のようなものです。 コントラストとはこの場合は対比と言う意味でしょう。 一眼で撮ってますが、元の色に近づけて再現することは至難の業です。 Picasa(ピカサ)による様々なヌードのコラージュの作成を試みてますが、どれも満足のできる画像にはなりません。 色を優先すれば、明暗がボケてしまったり、必要以上にキツクなっりします。 どちらにしても、ちょっとましな絵にしようとすれば、どぎつくなってしまいますね、難しいものです。 絵を描く者として、このようにネットで展示しようと思えば、できる限り原画に近いかたち載せたいと考えます。 それも、絵と写真は別物と考えれば、原画(絵)に拘らず、写真というアート作品として考えるようにもしてます。 原画は原画として、写真をベストにPicasa(ピカサ)で編集加工しようと思います。

コラージュ画像

美術モデル腰の姿 茅ヶ崎の真冬の海・船 プロポーション・バストの図

 

池 足を開いた状態のポーズ 川