Picasa(ピカサ)で編集加工 ヌード・コラージュ

 

人の姿の素朴さと自然さを伝える写真

 

 

可愛いさを伝えるヌード >  可愛いさは伝わっているだろうか? 単なるいかがわわしい画象に見えてないだろうか。 人本来の美しさ(少女の健気さ)は伝わっているだろうか。 当サイト管理人の勝負処でもあるコラージュ画像、美意識というより感じる哲学なのです。 人物はアニメのようにも見えますが、女性ヌードを前にしてデッサン(ヌード・クロッキー)されたものであり、象徴的概念(頭の中のイメージ)で描かれたものではありません。 目の前のモデルを視覚的に捉えた絵です。 その絵に秋の景色を Picasa(ピカサ)でコラージュさせたものです。 見る人が見れば「命あるものへの有り難さ・生命のリズム」が伝わる絵だと思いますし、そうでない人が見れば単なるいかがわしい絵になってしまいます。 「可愛いさを伝えるヌード」になるかどうかは、見る人次第だと考えます。

健気さを伝える写真

上の二枚の画像は、原画は同一のヌード絵ですが、編集加工・コラージュの仕方によってずいぶん違った印象になります。 上はコラージュの <多重露出・スーパーインポーズ>ですが、下は <写真パイル・写真を積み重ねる> コラージュです。 それぞれが可愛いさを伝えるヌードとなっていると思います。

     

人体デッサンの難しさ 鉄橋 自然なポーズとダイエットされたプロポーション

 

Picasa(ピカサ)をいじっていて、面白いことに気付きました・・・<人物マネージャ> <人物パネル> を表示/非表示などを見ていたら、絵に描かれた顔も認識していることが分かりました。 当然といえば当然のことですが、フォトだけじゃなく、絵まで認識・識別してしまうんですから、スゴイ!としか言いようがありません。 そして、同一人物を描いた絵は、同一人物として "集めて”きます。 ・・・これはたぶん、制作者の腕がよいのですかね^

公園の傘道 顔を意識的に隠したモデルヌード ロッキンなバー・下北沢