カラーパレット&フォント色 Picasa(ピカサ)で編集加工

 

人物画・ヌード画・合成画

 

 

 

カラーパレット&フォント色 >    背景色やフォント色には Googleが出してる<カラーパレット> を使うと便利です。白から黒、赤から青まで様々な明度・彩度の中から色を指定できます。 また、その色を画面・ページ上で確認しながら選べます。 とても便利なので使ってみてください。

何かがここから始まる!ようなワクワク感がある画像でないと、サイトのタイトル画像は務まりません。 Picasa(ピカサ)でコラージュしてますが、三枚の画像を一枚の画像にまとめるような展示の仕方をしてます。 こうすればああなる的な固定観念は止めにして、偶然性に任せるようなアバウトさがあってもよいと考えてます。 それと、グーグルアドセンスのフォント色もタイトル画像のグリッド色に合わせるようなデザインセンスは必要です。  やっぱり、しっくり落ち着いたデザインが求められます。 ページデザインに関するフォント色でも、同じ色を使っていれば同じに見えるはずだという考えではなく、同じ色に見せるために違う色を使うと言うことです。 デザインであれば、それは全て相対色ですから、例えば、絶対の赤などという色も存在しないわけです。あくまでも、その画面の中で赤く見えるということだけです。 背景やフォントなど、カラーパレットを使って決めてやると便利です。 六桁のフォント番号をコピー&ペーストするだけのことです。

人物画・ヌード画・合成画

 他のサイトでタイトル画像として使った画像を載せてます。 中央に位置するのは抽象的なヌード・抽象化した自画像ですが、両サイドは同じ絵を画像の絞り(トリミング)を変えながらインパクトを出してます。 タイトル画像には、魅せる画像を使いたいですね。

東京ベイエリアのクルージング 日本の庭 深大寺の湧き水

 

石の配置が見事な日本庭園 桟橋の青が美しい東京湾の港 ヘルシーなバリ料理