タイトル画像の作り方 Picasa(ピカサ)で編集加工

 

ヌード画像を中央に置き、両サイドに現実感のあるフォトを配した画像

 

 

タイトル画像の作り方 >    サイトのトップページにつけるような画像(タイトル画像・タイトル帯)の創り方です。 ヌードアート掲載とであれば、上のようなヌード画像とそれらと関連した画像を二枚ですから、合計三枚の画像を一枚の写真に、Picasa(ピカサ)でコラージュしてます。 コラージュの場合でもそうですが、画像全体のサイズやかたち大きさは気にしないことです。 後で、トリミングすればよいことですから。 この場合のような Picasa(ピカサ)でコラージュする場合、一点だけ注意することがあります。 テキストの入れることが出来るのですが、Picasa(ピカサ)では少しですが滲んでしまうようなことがあります。 文字が見難いということです。 ですから、テキストを入れる場合は、他のソフトを使ったほうがよいと言うことですね。 タイトル画像であれば、題目にもなりますし、テキストは重要な役割がありますから。 上の画像であれば、アート感覚を重視してますから、几帳面に並べるといことではなく、感覚的に落ち着くような並べ方がよいのでしょう。 この場合もですが、定番的なデザインをすれば退屈なばかりですから、ちょっとは冒険してみる方が面白みもあります。

朱に染まる紅葉 廊下にともるカフェの灯 アングルが美しい寺の秋

 

タイトル画像として、説得力のある、あっ!て思えるような画像にするには、 両サイドにあるコラージュ画像(両方巴を漬かってます)のどちらかを(このヌード画のモデルになってくださった人の)写真にするといい意味での”緊張感”が生まれると思います。 セキュリティーや肖像権の問題もあるので、個人が限定されないような(顔が識別されない)写真にすればよいわけです。 顔の部分に<質感・テクスチャア>でぼかしを入れる手はあります。 <フィルムグレイン>効果を強く使うことによって、個人の識別を難しくすることもできます。 顔の部分に花のマークを被せるような安易なことは出来ません、ここはアートサイトですから。

ピカサで編集加工したディスプレイのフォト 深い森の風景と竹林 サチュレーション効果を上げたオープンカフェのフォト画像