アート的に楽しめる画像 Picasa(ピカサ)で編集加工

 

カサブランカをイメージできるフォト

 

 

アート的に楽しめる画像 >  モロッコレストランのエントランスの写真とヌード画をコラージュした画像です。 モロッコといえば、イスラム圏でもあり、地中海に面していながらアフリカの西部にもあたります。 スペインを通してヨーロッパの影響も多く受けた地域ですね。 何かコンセプトがあったり、意味を考えてコラージュしたわけではなく、アート的に楽しめそうなので、重ねたということです。 ブルーのタイル張りになっていることから、先頭の入り口を思わせますし、そこに女性ヌードの後姿が見えれば、なりほどなぁ^という印象はあります。 Picasa(ピカサ)で黒のグリッドを使ったことが絵を美しく見せてると思いますし、アート的な画像を生みましたね。 意味を考えることなく、雰囲気で楽しめるアート的な画像なのでしょう。

紅葉と地面 自然の広がり・バリの畑 寺の屋根を赤く染めるモミジ

 

「ビジュアルアート」に限らず、理屈や知識でああだこうだと言う人も多いのですが・・・美術館へ行って思うのですが、あれだけたくさんの絵があって、一枚一枚をちゃんと観ることなどはとっても無理なことで、ほとんどはスルーしてしまうわけです。 それでも、足の止まる絵というのはあって、見た瞬間に「いいな!」と思えるからで、それには理屈や説明は要らないわけです。 Picasa(ピカサ)をいじっていると同様なことがあって、このソフトの中にはアーティストがはいってるのではないか?と思えることがあります。 このソフトは、理屈や知識ではなく、感性で創られたような気がしてなりません。 <ヘルプ>から Picasa フォーラムも開くので、その辺のところもいろいろ書いてあります。 以前のまま使っている方もいるかもしれません、<最新版の確認>くらいはしておいたほうがよいと思います。

暗い秋の森 赤と白のモミジ 屋上を飾るイリュミ