足腰のライン Picasa(ピカサ)で編集加工 ヌード

 

日本画を背景にした裸婦像

 

 

腰から足にかけてのライン ヌード >    原画のヌードクロッキー画は、腰から足にかけてのラインが美しく描けたヌードです( ただし、見えたままに描いているだけで、美しく描こうというつもりはありません)。 Picasa(ピカサ)で編集加工してます。 和服の柄との重ね画像となってます。 Picasa(ピカサ)でコラージュの基本操作する際のコツですが、日本の柄とヌードの輪郭が重ならないようにすること、できればですが、(二枚の画像の)どちらも、背景色が白に近いことです。 背景色がモノトーンであれば、重ねる画像の色にはほとんど影響しません。 それで、日本の柄とヌードの輪郭が重ならないようにすることですが、ヌードの原画はトリミングできませんので、日本の柄を重ねやすいように、互いの輪郭が重ならないようにトリミングします。 主体は、ヌード画にあるわけですから、重ねる柄の自動コントラストを下げておくこともいいかもしれません。 いずれにしても、やってみないことには分からないのがコラージュです。 一枚の画像を創るにもたくさんの試作が必要になってきます。 このPicasa(ピカサ)で編集加工した画像を見れば、ヌードモデル美術モデルさんの腰から足にかけての美しいラインが伝わると思います。

ヌード人物画

女性モデルの自然なポーズ 湖の舟 ヌード画・ヒップを突き出したポーズ

 

Picasa(ピカサ)の使い方&ガイド・・・<ファイル>をクリックすると、新規アルバムを追加、フォルダを追加、ファイルを追加、インポート元を調べたり、ウェブアルバムムからインポートしたり・・と、ネット上で手に入れた画像でもはーどディスクないにあるのなら、自動的にPicasa(ピカサ)に読み込まれるようにもなってます。 エディタ(windows 画像ピューア)でファイルを開くこともできますし、その画像の印刷・プリントアウト・メールで送る・プリントの注文なども簡単にできます。 また、名前を付けて保存・コピーを保存・ピカサ内のフォルダから画像をエクスポート することも出来ます。

湖の夕日 豊かさと質感・胸の図 世田谷の近所の公園