映像美としてのヌード Picasa(ピカサ)で編集加工

 

機織織り機と人体モデルのコラージュ

 

 

映像美としてのヌード >   背景に使っている画像は東京都世田谷区にある小泉次大夫堀公園に古民家の写真です。 機織機の写真です。 編集ソフト(Picasa)を使ってヌード画とコラージュ画像編集してます・コラージュの醍醐味。 映像美を思わせるような画像になっていると思います。 影の色がブルーになっているところが美しく感じさせます。 ただ、肝心なヌードがあまりよく見えません。 できれば、人物ヌードは画面全体から考えれば、浮き上がってくるようにはPicasa(ピカサ)で編集加工したいのですが、そうは簡単にいきません。 背景に写真と融合しているような、飲み込まれているような印象を受ける画像になってますね。 精一杯ほめて、映像美ようだということでしょうか。

女モデルのわきの下の図 自由ヶ丘・カフェ 裸婦デッサン・座り込んだポーズ

 

映像美としてのヌードを考えるとき、グロー効果を試してみてください。 例えば、女性の肌を美しく見せるとか、雰囲気のある妖艶とした画像に生まれ変わることもあります・肌の張りとゆるみ。 それから、人物だけを目立たせるような編集も可能です。 周りをレタッチで消す(または、ぼかしてやればよいのです)。

色が綺麗なショップ 右足を抱え込んだ上向きのポーズ 東南アジア・自然の滝