Picasa(ピカサ)で編集加工 意味不明なヌード画像

 

デザイン的なインテリアとモデルの合成写真

 

 

意味不明なヌード画像 >  ブティックの小物売り場で撮った写真とヌード画の Picasa(ピカサ)を使ったコラージュ画像なのですが、何が何だか分からないような意味不明なヌード画像になってます。 ヌード画像かどうかも良く分かりません。 加工の段階で最も拘ったのがグリッドの「草色」なのです・ヌード画・グリッドの色と幅。 たぶん、画面中央の赤の補色関係にある草色を使ったのだと思いますが、その草色の彩度明度にも細かな注意をはらってます。 このように、Picasa(ピカサ)では工夫次第ですが、ほとんどどんな加工でもできると考えていいようですね。

絵画の背景描写 下北のジーンズショップ 美しさとウエスト

 

上の画像でのグリッド色のとり方では、写真中央部の赤とグリッドのグリーンが補色関係になるような色の選び方をしてます。赤やグリーンとがいっても、かなり彩度を落とした色にはなってますが。 出来上がり過程で、画面に入ってきてはならないような部分があるのなら、レタッチ機能からその周囲の部分を置き換えることによって事実上消すこともできますから、レタッチ機能はかなり幅広く使えることになります。 必要とあらばテキストなども簡単に入りますから試してください。

自由ヶ丘の居酒屋 反り返り仰向けになったときの女性モデルのバスト 自由ヶ丘のショップの看板