Picasa(ピカサ)で編集加工 ヌード画におけるグリッド(額)の色と幅

 

緑色の枠に入れた裸婦モデル画像

 

 

ヌード画におけるグリッドの色と幅 >    この画像は Picasa(ピカサ)でコラージュ編集してます。 元々はヌード画と抽象画のコラージュ画像です。 それにグリッドを付けてトリミングしました。 グリッドの色ですが、画面全体を被う色を使うことが無難です。 また、その全体を支配する色と補色関係にある色をグリッドに使う手はあります。 画面がどのような色合いであれ、グレーやベージュであれば安心して使えますし、無難な色と言えます。 グリッドの幅ですが、これは載せる画像の大きさに関係します。 ディスプレイの画面は横長ですので、横長の画像は展示しやすいのですが、縦長は多少縮小して載せることとなります。 一枚の画像を展示するのであれば、ディスプレイに合わせて(ここで載せてるように)横幅のグリッドを広めに取るとよいのではないかと思います・・・液晶画面 グリッドの色。 Picasa(ピカサ)では、画像のトリミングは先にやることと思い込みがちですが、この画像のように最後にトリミングする場合もあります。

絵画作品として展示するための画像

ヌードクロッキー 山道の下り坂 両腕を頭の上に乗せたポーズ

 

上に載せている大きな画像は、コラージュ画像の中でも最も”成功”した作品であると思ってます。 やがり、決め手となっているのはグリッド枠の幅や色合いですね。 実際に展示する際に色彩などが強すぎるようであれば、ティント効果などを使って彩度を落とすことも可能ですし、グロー効果を使って、画面周囲をぼかすこともできます。 また、フィルムグレイン効果を使えば古いレトロな印象を画面上に生み出すこともできます・レトロでアナログなイメージ。

生田公園の散歩道 アートモデルクロッキー 下北沢の個性的なロックバー